So-net無料ブログ作成
検索選択

現行案受け入れ「事実ではない」 普天間WP紙報道を首相が否定(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は24日午後、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関し、岡田克也外相が23日のルース駐日米大使との会談で現行案(沖縄県名護市辺野古沿岸部への移設)を大筋で受け入れると伝えたとの24日付米紙ワシントン・ポスト(電子版)の報道について「事実ではない。辺野古の海が埋め立てられるのは自然に対する冒涜(ぼうとく)だ。現行案が受け入れられるなどというような話はあってはならない」と否定した。ただ、岡田氏とルース大使の会談があったという事実は認めた。視察先の群馬県大泉町で記者団に答えた。

【関連記事】
普天間、「岡田外相が現行案大筋受け入れ」 米紙報道
普天間移設、鹿児島でも県民反対集会へ 来月8日
民主・輿石氏、普天間辺野古沖移設に「それはない」
普天間決着、実現可能な案はこれしかない!
首相、普天間で職を賭す 進退問題への発展も
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

飛行機欠航で費用は? 座席等級で対応に差あり(産経新聞)
石原都知事「与党党首に帰化人」 福島氏が否定 発言撤回要求(産経新聞)
県民大会「民意の表れ」=普天間の危険除去強調−鳩山首相(時事通信)
「長距離走者の孤独」アラン・シリトー氏死去(読売新聞)
投票用紙2枚渡す? 島根・町議選 最下位同数でくじ引き(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。